北島 三郎

エゾナビは、北海道で活躍する人、北海道出身者、北海道にゆかりのある有名人を応援しています!

エゾナビに有名人を紹介する
Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア

北島 三郎 さん のプロフィール〔敬称略〕

名前 北島 三郎(きたじま さぶろう)
出身地
生年月日 1936年10月4日 生まれ(81歳)
職業 演歌歌手、作詞家、作曲家
血液型 O型
本名 大野 穣
デビュー曲 1962年6月「ブンガチャ節」(日本コロムビア)
「北島三郎特別公演」オンステージ18 北島三郎、魂の唄を… [DVD]
北島三郎 全曲集~人道・兄弟仁義~

北島三郎 全曲集

北島音楽事務所

北島三郎記念館

エピソード

「函館の女」などの『女』シリーズ、「兄弟仁義」などの『任侠』シリーズなど、数多くのヒット曲がある演歌界の大御所だが、「サブちゃん」という愛称で呼ばれている。

「原 譲二(はら じょうじ)」のペンネームで、自身の楽曲の作詞・作曲だけでなく、自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーや他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。

北島三郎氏がデビューする頃は、ロカビリー全盛で、正統派の演歌・歌謡曲の新人は、なかなか需要が無かったので「売り込みに苦労した弟子は他にはいなかった。」

2013年12月31日、第64回NHK紅白歌合戦への通算50回目の出場で、美空ひばり、五木ひろしと並ぶ、歴代最多の13回目となる大トリを務め、歌唱後の「紅白卒業宣言」で50.7%の瞬間最高視聴率を記録した。

50回目、自身の喜寿という節目、年々「演歌枠」が減少する危機的な状況から、自ら引くことで世代交代を進めたいと「紅白歌合戦引退」する決意の意向を示した。

via:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E4%B8%89%E9%83%8E

スポンサー
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 送る
    LINEでシェア

 

人物掲載について

人物紹介は、北海道に関連のある有名人を応援するために、紹介する企画です。
人物紹介ページへのリンクは、左サイドバーにランダムで表示されます。
掲載内容については、基本的に掲載依頼をいただいた際の内容に基づいて掲載しています。
(えぞなびにて調査し、修正も加えています)

掲載してほしい人物がいれば、こちらからご依頼ください。
(えぞなび無料会員登録が必要です)
※自薦・他薦を問いませんが、内容を確認した上で掲載します。
※掲載基準についてのご質問等はお答えしかねますので、予めご了承ください。 ※掲載完了後の通知は行っていません。

北海道人で応援したい方をぜひご紹介ください!

掲載人物の推薦

このページの先頭へ