千代の富士 貢

エゾナビは、北海道で活躍する人、北海道出身者、北海道にゆかりのある有名人を応援しています!

エゾナビに有名人を紹介する
Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア はてなブックマークに追加 LINEでシェア

千代の富士 貢 さん のプロフィール〔敬称略〕

名前 千代の富士 貢(秋元 貢)(ちよのふじ みつぐ(あきもと みつぐ))
出身地
生年月日 1955年6月1日 生まれ(62歳)
職業
血液型 A型
愛称 ウルフ・大将・ゴリラ 小さな巨人・小さな大横綱
得意技 右四つ、寄り、上手投げ
最高位 第58代横綱
生涯戦歴 1045勝437敗159休 (125場所)
優勝 幕内最高優勝31回 幕下優勝1回
NHKスペシャル横綱 千代の富士 前人未到1045勝の記録 [DVD]
映像で見る国技大相撲 第16号(昭和59~61年)―DVDマガジン 千代の富士“最強時代” (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)

千代の富士“最強時代”

九重部屋

エピソード

1955年に北海道松前郡福島町で漁師を営む家に生まれ、子供の頃から漁業を手伝っていたこともあり、自然に足腰が鍛えられていた。

中学生時代の陸上競技では、走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し、「オリンピック選手もいける」と言われるほどに運動神経が抜群であった。

1970年9月場所初土俵を踏み、1975年9月場所で昭和30年代生まれの力士としては第一号の新入幕を果たす。

しかし、右肩を脱臼したときの入院中に、「もし2カ月で治したいなら筋力トレーニングを行い肩の周辺を筋肉で固めなさい。」と医師に勧められたことから、肩を筋肉で固めはじめ、毎日500回の腕立て伏せ・ウェイトトレーニングに励み、脱臼を克服した。

細身で筋肉質な体型と精悍な顔立ち、そして豪快でスピーディな取り口から若い女性や子供まで知名度が高まり、一種のアイドル的な人気を得、一気に大関・横綱への昇進を決めた1981年は「ウルフフィーバー」といわれるほどの人気ぶりであった。

1989年6月、誕生したばかりの三女をSIDSで亡くす不幸に見舞われたが、直後の7月場所は首に数珠を掛けて場所入りし、奇跡の優勝を果たした。
また、同年9月場所には通算勝ち星の新記録を達成し、同年9月28日に大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞が決定した。

引退後は、1992年4月に師匠の九重(元横綱・北の富士)と名跡交換し、九重部屋を継承し、現在に至る。

via:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%B2%A2

スポンサー
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 送る
    LINEでシェア

 

人物掲載について

人物紹介は、北海道に関連のある有名人を応援するために、紹介する企画です。
人物紹介ページへのリンクは、左サイドバーにランダムで表示されます。
掲載内容については、基本的に掲載依頼をいただいた際の内容に基づいて掲載しています。
(えぞなびにて調査し、修正も加えています)

掲載してほしい人物がいれば、こちらからご依頼ください。
(えぞなび無料会員登録が必要です)
※自薦・他薦を問いませんが、内容を確認した上で掲載します。
※掲載基準についてのご質問等はお答えしかねますので、予めご了承ください。 ※掲載完了後の通知は行っていません。

北海道人で応援したい方をぜひご紹介ください!

掲載人物の推薦

このページの先頭へ